熊本地震を振り返って

2016年4月16日「本震」

本震の後、阿蘇大橋近くの妻の実家と連絡が取れなかった時の事は、今でもはっきりと覚えています。

すぐに近くまで軽トラで走り災害の状況を見たとき、現状を理解するのに時間はかかりませんでした。消防や村役場を通じてみんなの無事を確認した後、南阿蘇の観光業が厳しくなった事は直感でわかりました。

熊本地震の直後

熊本地震のあと、2週間の避難所生活を送りました。

ライフラインは、LPガスを除いて全て止まりましたが、本震直後に久木野庵の枯井戸が湧き始め、その湧水が地域の人たちの生活を支えてくれました。湧水を沸かしてお茶を入れて、持ち寄った米を炊き、ご近所と非難してきた家族みんなの食事を作りました。

それから、地域おこしに取り組んでいた「あか牛ロード協議会」の仲間と避難所の道の駅で炊き出しを行い、被災者の皆さんの笑顔に救われました。そんな中で、日ごとに増員された自衛隊の隊員の皆さんの献身的な姿には本当に励まされました。

久木野庵は地震発生から18日後の5月4日に営業を再開。
再開直後には、行政支援に来られている他県の職員さんの朝食と夕食を作ってほしいとのお話があり、毎日、徹夜で復興に尽くすことになった村役場と消防におにぎりを届けました。朝食づくり、そば屋の昼営業、夕食づくり。行政支援の職員さんの食事の提供とそば店営業で何とか売り上げを作り、諦めずに営業を続けました。

それから

持続化補助金の事業計画に取り組み成果を残したり、経営ゼミで経営理念を作成したのはその後のこと。

熊本地震で増額された中小企業持続化補助金の申請が認められ、10月から本格的に事業計画に取り組むことができました。その間、私の精神的な支えは家族の笑顔であることを再確認できました。

前回も書きましたが、私の志は「久木野庵の灯りをともし続けることで、南阿蘇を元気にしていくこと」です。南阿蘇の現状をありのまま伝えることで、南阿蘇の空気を感じていただけたらと思っています。