久木野庵の味づくり

そば職人として味を追求する

そば職人として味を追求する

「そばは、様式の美である」
本で読み、胸に刻んでいる言葉です。
江戸時代から残るそば職人たちの口伝などを参考にしながら、
研究を重ねています。

自家製粉のそば粉や手作りのそばつゆは、
気候や時の経過などにより状態が変化するため、
毎日向き合い、丁寧に扱っています。
そばつゆ作りに2時間、そば打ちに3時間ーー
たたんで、切って、茹でるまで
一連の型地に“美”は宿ると信じ、
今日もおいしいそば作りに勤しみます。

その一、そば粉、製粉

久木野庵では、久木野産そばをはじめ
約10品種のそばを厳選しています。
そばは、産地や季節により特徴が変化します。
その時に最高のそばをお楽しみください。
また、久木野庵のために職人が作ってくれた石臼で製粉しています。

その二、そば打ち

風味を最大限に活かすために
つばぎを使わず、そば粉を100%使用します。
そばの状態は、気候などにより変化し、
一つとして同じものはありません。
その都度、そばの状態と向き合い、
南阿蘇の伏流水で丁寧に打っています。

その三、そばつゆ

そばつゆは、時と共に熟成し、味が甘く変化していきます。
常に最高のそばつゆを提供できるよう、
変化を感じつつ、仕上げています。

田舎料理へのこだわり

田舎料理には、自家菜園で採れた新鮮な野菜を使っています。
お客様には、畑から食卓まで、自分たちの目の届いた料理を提供しています。

季節ごとに変わる田舎料理。
南阿蘇の美味しいお米。

そばとともにお楽しみください。

PAGE TOP